アフターピルという言葉を知っていますか?

女性なら知っておいて損はないことなのですが、無防備な性交渉の後に行うことができる「緊急避妊」という最終手段に用いられるピルのことです。
妊娠の危険性が高い性交渉があってから72時間以内に薬を服用することで、望まない妊娠のリスクを下げる方法です。

ただ、残念ながら避妊効果は80%くらいで、緊急避妊を行っても妊娠する可能性もあります。
また、あくまで緊急時の避妊方法で、通常行う避妊方法ではありません。

緊急避妊用の薬として2011年に発売された「ノルレボ」をすぐに1錠服用する方法があります。
ただし薬そのものの値段が高額で、1回の費用が1万5000~2万円程度かかります。

中用量ピル「プラノバール」による緊急避妊法は、プラノバールをすぐに2錠、12時間後に2錠の合計2回服用します。
デメリットとして、50%の割合で吐き気が出現し、中には嘔吐する人もいます。

低用量ピルによる緊急避妊法も可能で、通常の避妊薬として、あるいは生理痛緩和のために低用量ピルを服用している人であれば、このピルで代用が可能な場合もあります。
低用量ピルの場合、トリキュラー(ラベルフィーユ)かマーベロン(ファボワール)が適しています。
トリキュラーなら黄色い錠剤をすぐに4錠、12時間後に4錠服用します。
マーベロンであれば実薬をすぐに3錠、12時間後に3錠服用します。

マーベロンなら、緊急避妊後に残った薬剤で引き続き避妊ができるため、ピルでの避妊にも移行しやすいというメリットがあります。

副作用の出方はプラノバールを使った緊急避妊とほぼ同じです。

月経困難症治療薬であるルナベルやヤーズを服用していて、常備薬として持っている場合。
これらのピルはアフターピル代用薬としてはあまり適してないわけですが、どうしても他に方法がないのであれば、ひとまず試してみる価値はあります。
その場合は、マーベロンと同様に実薬をすぐに3錠、12時間後に3錠服用します。

ノルレボを使うのであれば、個人輸入通販を利用すれば格安で購入可能です。
またノルレボのジェリック商品なら更にお得になります。

▼ご購入はこちらから▼
マーベロン28(Marvelon28)

トリキュラーED(TriquilarED)

★ノルレボ
ノルレボ(NorLevo)1.5mg

ノルレボジェネリック(マドンナ)