高い美白作用があるハイドロキノンとトレチノイン。

今日は、顔の一部のシミではなく、顔全体への使用方法を説明します。

トレチノインの濃度は一番低いものを使って下さい。
一部のシミなどに使用する場合は、0.1%でも構いませんが、顔全体に使用するのは、極力薄いトレチノインにしてください。
濃度を高くするより、使用する期間を長くするのが成功の秘訣です。

クリームタイプ[BIHAKUEN]の方がジェルより刺激が少ないので、できれば同じ濃度でもクリームを使う方がいいと思います。

ジェルの方が値段が安いので、コスパ的なことを考えるとジェルの方がお得ですけどね。
どちらも冷蔵庫で保管して1ヶ月で、残ったものは破棄して、新しいものと交換して下さい。

顔全体へ使用すると、どうしても顔全体の皮がむけてきます。

そして、紫外線対策は必須です。
日焼け止めクリームだけではなく、帽子・サングラス・マスクと、顔全体を覆いかくすくらいの日々を覚悟して下さい。
なので、治療期間としては、11月くらいから3月くらいまでがおすすめの時期になります。

トレチノインとハイドロキノン 顔全体(全顔)への使い方

準備するもの

[BIHAKUEN]トレチノイン0.025%または、エーレットジェル(AretGel)0.025%

[BIHAKUEN]ハイドロキノン4%

進化型ビタミンC誘導体【APPS(アプレシエ)パウダー】

精製水

  1. 洗顔(デコルテもする場合はデコルテまで洗う)し、手は綺麗に洗っておく
  2. ビタミンC誘導体を 顔全体に塗る(手で塗ってOK)
  3. トレチノインをチューブから1mm位搾り出したものを、顔全体(~デコルテ)に行き渡るようにたっぶりの精製水で薄めて、塗る
  4. トレチノインが乾いたら、ハイドロキノンを顔全体(~デコルテ)に行き渡るように、薄く塗る(手で塗っても構いません)
  5. 朝と晩、1日2回行う
  6. これを2ヶ月続けて1ヶ月休む・・・3ヶ月が1クール

トレチノインの量は、少ないと思ったら加減してください。

目と口の周りは皮膚が薄く、トレチノインが浸透しやすいですが、精製水で薄めているため、軽くパッティングする程度に塗って構いません。
皮むけがひどいようでしたら、目と口の周りは、塗る回数を減らしましょう。

精製水で薄めない場合は、目と口の周りは1cmほど間隔をあけて塗りましょう。

トレチノインを濃いままで使用すると、数日したら痒みと皮がむけてきます。
精製水で薄めた場合、赤くなったりしないと思います。
自然に薄皮がポロポロむけてくるくらいの濃度でよいのです。
トレチノインを精製水で薄める濃度は、続けて行くと、徐々にわかると思います。
極力薄くしてきっちり2カ月続ける方が、効果的です。

効果があらわれるのには個人差がありますが、半年(2クール)から1年(4クール)で綺麗な肌を取り戻せると思います。

どうしても、朝と晩、1日2回できない人は、夜だけ1回でも構いませんが、保存期間が短い商品を使うので、朝と晩使用する方がよいでしょう。

▼ご購入はこちらから▼
【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリーム