スポーツ系栄養資格はいろいろあって、名称もよく似ているのでわかりにくいですよね。
一例をあげると、「アスリートフードマイスター」「アスリート栄養食インストラクター」「スポーツフードマイスター」「スポーツフードスペシャリスト」「スポーツフードアドバイザー」「公認スポーツ栄養士」とあり、それぞれ特徴や違いがあります。

アスリート(スポーツ)フードアドバイザーは、アスリートにとって必要な栄養管理を行いながら、食事のメニューなどを考案しサポートしていく人のことを言います。
アスリートが本番で力を発揮できるように栄養管理を行い、サポートしていく食の専門家です。

スポーツをしている人にとって食事や栄養のバランスが非常に重要です。
スポーツの能力を最大限引き出すためには、基礎体力が大切になってくるといいます。
この基礎体力は筋力や持久力、バランス感覚など日々生きていく上でも必要なものです。
この基礎体力を作る3つの要素が「運動・栄養・休養」です。

空腹時に運動すると筋肉中のエネルギーが足りずに本来の力を発揮できません。
そんな状態で筋肉に負荷をかけることでケガにつながる可能性が高くなるのです。
スポーツの能力を引き出すためにも、ケガをしないためにも栄養はものすごく大切なものになります。

ラーキャリのアスリートフードアドバイザーは、各々に合わせた「食事」の指導が行え、すぐに実践できる知識を習得できます。

▼申し込みはこちらから▼
ラーキャリでアスリートフードアドバイザー
ラーキャリ