BIHAKUEN(ビハクエン)のハイドロキノンクリームの他に、ユークロマというハイドロキノンクリームがあります。
どちらもハイドロキノン4%で、お値段がユークロマの方が安いのです。

ただし、同じハイドロキノン4%でありながら、ユークロマの方が刺激が強いです。

ハイドロキノンは間違って使用すると一生残る傷、痕を残します。
ケロイド、白斑などなど・・・

使い方は、BIHAKUEN(ビハクエン)と同じですが、ユークロマをいきなり顔全体に使うのはやめましょうね。
数日後、後悔しますよ!

どちらを使ってもいいのですが、くれぐれも使い方を間違えないでください。
BIHAKUEN(ビハクエン)のハイドロキノンとトレチノインを薦める理由は、他社より刺激が少ないからです。
それでも、やはり濃度が高いとヒリヒリしたりします。

ゆっくりと、時間をかけて(といっても半年~1年くらい)、綺麗な肌を取り戻していきましょう。

BIHAKUEN(ビハクエン)の使い方

では、綺麗な肌を取り戻した後のケアは?

それは、自分にあった化粧水と保湿剤でいいです。
いつか、またシミやくすんだ肌になってきたら、またハイドロキノンとトレチノインを使って、美白しましょう。

あくまでも劇薬なので、ず~っと継続するのではなく、綺麗になったらお休みして、またいつかトライする・・・というような具合ですね。

普段のケアにオススメなのは、SweepWhite(スウィープホワイト)
トラネキサム酸、アルピニアホワイト、ホワイテーヌ、グリチルリチン酸ジカリウム、3種類の保湿ヒアルロン酸に加え、ハイドロキノン同等の効果で「刺激は10分の1以下」といわれる天然成分「ビサボロール」配合です。

▼ご購入はこちらから▼
【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリーム

ユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)

トレチノインはジェルタイプもあります。
ただし、[BIHAKUEN]のクリームタイプの方が刺激が少ないですので、濃度を抑えたものを使用してください。
エーレットジェル(AretGel)0.025%

エーレットジェル(AretGel)0.05%

エーレットジェル(AretGel)0.1%

日焼け止めは塗りやすく肌にやさしいこちらがおすすめ
専科ミネラルウォーターUVジェル