ゼニカルは食事からとった脂肪分の吸収を抑えて、体外に排出するお薬です。

ダイエット薬としても有名で、病院でも処方されるお薬ですが、非常に高価です。
ジェネリック商品もいくつかあり、成分が同じなので、効果は同じと思ってよいです。

ゼニカルはダイエット薬としては、非常に効果がありますが、その反面、使い方を間違えると大変なことになります。

ダイエット効果があるけれど、副作用は起きないのか?

そのあたり、まずゼニカルの特徴を知っておくことが大切です。

ゼニカル(ジェネリック商品も含)とは腸の中で脂分を分解する酵素と結びつき、脂肪の吸収を抑えてくれます。
摂取した脂肪分の30%をカットできると言われています。

通常は、1回1錠を毎食事中に3回服用します。
1日3錠以上飲んでもより脂肪の吸収を抑えてくれるわけではありません。
また、脂っこい食事で気になる時だけ飲むという方法もあります。

ゼニカルの副作用

主な副作用は下痢とビタミン不足です。
また、体内の脂肪分が排出されることによって、肌が乾燥することもあります。

ビタミン不足に関しては、ビタミンサプリを服用することで解決できます。
ただし、ゼニカル服用後2時間ほどたって服用する方がよいでしょう。
ビタミンサプリを服用することで、肌の乾燥も幾分防ぐことができます。
また、脂っこい食事の時だけ服用することで、肌の乾燥は防ぐことができます。

問題は、下痢に関してです。
下痢とまではいかなくても、ゼニカルを服用するようになると、数日すると、便とともに脂分が排出されます。
さらに、おならとともに脂分がでることもあります。
急な便意や便失禁は、必ずしも起きるわけではありませんが、起きることもあります。

そのため、必ず、男女問わずナプキンをする必要があります。

1日3錠飲まないで、脂っこい食事の時だけ飲んだとしても、やはりナプキンは必需品です。

その他の副作用として、稀にですが、肝臓障害・腎臓障害・胆石症などになることもあります。
こういったこともありますので、飲み続けていくうちに体調が悪くなるようでしたら、すぐに中止しましょう。

また、ゼニカルを飲んではいけない人として、
妊婦
授乳中の方
消化吸収に関する病気の方
胆石症の方
肝臓や腎臓などの病気の方
などがあげられます、

ゼニカルとの飲み合わせに注意が必要なお薬として、
シクロスポリン
チラージン
ワーファリン
抗てんかん薬などがあります。


そうまでして、ゼニカルを飲む必要があるのか??

メタボリックの男性などは、運動しなくてもゼニカルを飲んでさえいれば、いくら食べても体重が増えない・・・あるいは減るので、欠かせないようです。

女性の場合、あまり薬が強すぎてもいけないので、1日3錠ではなく1日1錠くらいから始めてみるといいかもしれません。

効果がある上、価格も高く、非常に売れているお薬なので、偽物もあります。
海外通販がお得ですが、正規品を扱っている信頼のおけるサイトから購入するようにしましょう。

オルリファストやオベリットは、ジェネリック商品です。

▼ご購入はこちらから▼
オルリファスト60mg

オルリファスト(Orlifast)120mg

オベリット(Obelit)60mg

ゼニカル(ニュージーランド版)