高い美白作用があるハイドロキノンとトレチノイン。

基本的な使い方はこちら⇒トレチノインとハイドロキノンの使い方

今日は、毛穴の開き、特にいちご鼻を改善するために、鼻への使用方法をまとめてみました。

いちご鼻になる原因

  1. 毛穴に詰まった皮脂や汚れが角栓となり、酸化して黒くなる
  2. メラニンの蓄積により、毛穴周辺に色素沈着ができる

トレチノインとハイドロキノン いちご鼻の使用方法

準備するもの

[BIHAKUEN]トレチノイン0.025%

[BIHAKUEN]ハイドロキノン4%

進化型ビタミンC誘導体【APPS(アプレシエ)パウダー】

綿棒

  1. 手と顔を綺麗に洗う
  2. ビタミンC誘導体を 顔全体に塗る(手で塗ってOK)
  3. トレチノインを綿棒を使って、鼻にできる限り薄く塗る
    (実際に塗った範囲よりも少し広い範囲に反応が出てくる)
  4. トレチノインが乾いたら、綿棒を使ってハイドロキノンを鼻全体に、塗布する
  5. 保湿剤(美容液やクリーム)を塗る

ビタミンC誘導体化粧水を塗る事で、 トレチノインの反応が出過ぎた場合の炎症後色素沈着の防止になります。
ハイドロキノンは、こすらず上に重ねて置くイメージで、大量塗布にならないようにしましょう。
朝と夜、1日2回行うのが理想的ですが、夜だけでも構いません。

トレチノインを塗るのは、2週間~8週間だけです。
その後、トレチノインは塗らないで、ビタミンC誘導体とハイドロキノンだけの期間を4~6週間続けます。
その後、何も塗らない期間(お休み期間)を1~2ヶ月とります。
そして、また続けるなら、ビタミンC誘導体とトレチノインとハイドロキノンを全部使って、1から始めます。

シミや黒ずみ対策に使用するトレチノインは濃度0.1%のクリームを使いますが、いちご鼻や毛穴改善に使用するトレチノインの濃度は0.025%でも十分です。
これでもヒリヒリするなら、トレチノインを使うのは隔日や数日おきでも構いません。

顔の場合、紫外線対策が重要になります。
しっかり日焼け止めやマスクなどをして、紫外線から鼻を守りましょう。

▼ご購入はこちらから▼
【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリーム

トレチノインはジェルタイプもあります。
ただし、[BIHAKUEN]のクリームタイプの方が刺激が少ないですので、濃度を抑えたものを使用してください。
エーレットジェル(AretGel)

毛穴の開きはトレチノイン・ハイドロキノンで解消できますが、毛穴の中の黒ずみや汚れをとるには、こちらの石鹸がおすすめ!
毛穴解消セットは売れ切れで入荷待ちが多いため、単品購入がおすすめです。
白灰美人石鹸「火山白土の濃密泡で毛穴スッキリ!」