高い美白作用があるハイドロキノンとトレチノイン。
皮膚科などでも処方してもらうことができますが、市販品でもOKです。

皮膚科などで処方されるのは、濃度が高いため、初めての人には、市販品の方がいいかもしれません。

ここで紹介するのは、【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリームです。

そして、2つのクリームの力をより効果的にするために、進化型ビタミンC誘導体【APPS(アプレシエ)パウダー】を使います。

ビタミンC誘導体とトレチノインとハイドロキノンを使う順番

ビタミンC誘導体→トレチノイン→ハイドロキノン

ビタミンC誘導体とトレチノインとハイドロキノンの使い方

基本的な使い方です。
シミを取りたい部分をAとします。

  1. 手と顔を綺麗に洗う
  2. ビタミンC誘導体をAより広い範囲にぬる
  3. トレチノインを綿棒を使ってAにぬる
  4. トレチノインが乾いたら、ハイドロキノンを指でAより広い範囲にぬる
  5. 保湿剤(美容液やクリーム)を塗る

朝と夜に行うのがベストですが、1日1回でも構いません。
必ず日焼け対策をしましょう。

肝心なのは、トレチノインの使用は2週間~最長8週間です。
その後、ビタミンC誘導体とハイドロキノンだけの期間を4~6週間おこないます。
その後は、お休み期間として1~2カ月間をあけ、また初めからくり返します。

トレチノインは刺激が強い為、ヒリヒリするようであれば、すぐにやめても構いません。
何ともなければ、8週間は続けてもOKです。

ビタミンC誘導体とトレチノインとハイドロキノンの保管

全て冷蔵庫保存です。
どれも1ヶ月で新しいものに変えるようにしましょう。
ただし、冷蔵庫保管できちんと管理すれば、2ヶ月くらいは大丈夫だと思います。
途中酸化して変色すれば、新しいものと交換しましょう。

トレチノインは酸化すると茶色くなり、ハイドロキノンはクリーム(黄)色になります。

なので、少量ずつのものを買うか、慣れてきたら、シミや黒ずみを取りたい場所にいろいろと使用する方がお得です。

▼ご購入はこちらから▼
【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリーム

トレチノインはジェルタイプもあります。
ただし、[BIHAKUEN]のクリームタイプの方が刺激が少ないですので、濃度を抑えたものを使用してください。
エーレットジェル(AretGel)0.05%

トレチノインとハイドロキノンの塗り方(ちくび)

トレチノインとハイドロキノンでいちご鼻改善!鼻への使用方法

トレチノインとハイドロキノン ニキビ跡への使い方・治療期間

トレチノインとハイドロキノン 顔全体(全顔)への使い方

トレチノインとハイドロキノンの使い方 脇の黒ずみ解消

トレチノインとハイドロキノンの使い方 陰部(Vライン)の黒ずみ解消

トレチノインとハイドロキノン 皮むけ・赤みなどの副作用

トレチノインとハイドロキノンの使い方 夜だけ・夜のみでもいい?