美白といえば、ハイドロキノン・・・と言われるほど、ハイドロキノンは有名ですが、シミをとるためには、トレチノインとの併用が有効です。

シミは、表皮の一番深い層の周辺にメラニン色素が沈着していて、この層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞があります。
市販の美白剤(医薬部外品)は、メラノサイトがメラニン色素を新しく作る量を減らすような働きをする有効成分が少しだけ含まれてはいますが、微量ゆえにその作用が弱く、また現在沈着しているメラニン色素を外に出してしまうような作用は全くないため、すでに存在しているシミはなくなる可能性は少ないのです。

トレチノインの特徴

トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っていて、表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞が押し上げられていくとともに、メラニン色素も持ってあがってくれるため、2~4週間でメラニン色素を外に出すことができるのです。

ハイドロキノンの特徴

ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)に対して毒性があります。
つまり、シミの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。


トレチノインによって既にできているシミ(沈着しているメラニン色素)を外に押し出しながら、ハイドロキノンで、メラニン色素を作らないようにする・・・という仕組みです。
このように、既にあるシミ対策には、トレチノインは欠かせないのです。

BIHAKUEN(ビハクエン)の使い方

▼ご購入はこちらから▼
【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリーム

トレチノインはジェルタイプもあります。
ただし、[BIHAKUEN]のクリームタイプの方が刺激が少ないですので、濃度を抑えたものを使用してください。
エーレットジェル(AretGel)0.025%

エーレットジェル(AretGel)0.05%

エーレットジェル(AretGel)0.1%

日焼け止めは塗りやすく肌にやさしいこちらがおすすめ
専科ミネラルウォーターUVジェル