そもそもワキガと多汗症はどのように違うんでしょうか?

ワキガは脇が臭いことを指しています。
腋臭症と呼ばれるもので、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する体質のことです。
その臭いは、運動時などによって生じるエクリン腺からの汗の臭い(酸っぱい臭い、汗臭いと表現されることが多い)とは異なる特有の臭いがします。

多汗症とは単純に汗が大量に出る体質をいいます。

パースピレックスは、主成分塩化アルミニウムにより、汗を止める働きがあります。

パースピレックスの有効成分塩化アルミニウムは、水に反応することで固形になる性質があることから汗腺内の水分を利用します。
この水酸化アルミニウムが皮膚内のケラチンと反応して角栓となり汗腺の出口に蓋をし、その後3~5日で皮膚の再生によって自然排出されます。
角栓をふさがれた汗腺は汗を出す働きが鈍るので、その効果が持続している間は発汗を抑え込むことが可能というわけなのです。

ワキガの臭いと汗の臭いはイコールではないといわれていますが、大量の汗をかかなくなることで、汗臭さはなくなるようです。
それにより、脇の臭いも減少するので、ワキガもなくなる・・・と言われているみたいですね。

実際、パースピレックスはよく売れている人気商品なので、ワキガや汗っかきの人には必需品といえるのでしょう。

▼ご購入はこちらから▼
パースピレックスオリジナル
パースピレックス・ロールオン (Perspirex Roll-on)

敏感肌用
パースピレックス・ロールオン・コンフォート(PerspirexRoll-on Comfort)

強力用
パースピレックス・ロールオン・ストロング(PerspirexRoll-on Strong)

手足用ローション
体臭に役立つ石鹸 プレモン1個+パースピレックスローション1本