ルリコンクリームは、主成分をルリコナゾールとする水虫の治療薬で、その効果は、真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの合成を阻害することにより抗真菌作用を示します。
通常、皮膚真菌症〔白癬(足白癬、体部白癬、股部白癬)、カンジダ症(指間びらん症、間擦疹)、癜風〕の治療に用いられます。

といってもわかりにくいと思いますので、もう少しわかりやすくすると、足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風(でんぷう)などに適用します。
癜風とは、主に成人の前胸部や背中などにでき、皮膚が茶色と白色のまだらになりますが、かゆみなどを伴うことが少ないので、病気とわからないまま放置すると白斑(皮膚が白くなること)や 色素沈着が長期化することがあります。

ルリコンクリームは、幅広い抗真菌スペクトルを持ち、同系の抗真菌薬の中でも抗真菌活性が強いほうです。
また、ルリコンクリームはニキビに対しても効果があるとされています。
特に背中ニキビや黄ニキビにも有効とされます。
使い方は、入浴後に薄く患部に塗るだけです。
1日1回だけの使用で、ニキビが治れば、すぐに使用はやめてください。

爪水虫にはどうでしょうか?

ルリコンクリームの主成分をルリコナゾールは、爪水虫にも効果があるのですが、爪水虫に使用するのであれば、クリームではなく液タイプがおススメです。
これは↓ルリコン液ではなく、怪しい中国製(笑)ですが、頑固な水虫に非常に効果的です。
皮膚の厚いところはお勧めです。
ただし、かなり沁みますので使い方に要注意ですが、正常な皮膚には反応しません。
複方土槿皮酊(ドキンピチンキ、ムクゲチンキ)

▼ご購入はこちらから▼

★イミダゾール系:1本30g
[ルリコンクリームジェネリック]ルリコナゾ(Luliconaz)1%

★イミダゾール系:1本10g
マイコスポール(Mycospor)

★イミダゾール系:1本10g
クロシップB(Clocip-B)

★イミダゾール系:1本30g
ニゾラルクリーム(NizoralCream)2%

★イミダゾール系:1本15g
ミコナゾールクリーム(RivizoleCream)

★アリルアミン系:1本15g
ラミシールクリーム(LamisilCream)1%

ラミシールクリーム通販はジェネリック・塗り方、使い方に注意