ルテインは、黄斑色素量を維持する働きがあり、ブルーライトなどの光刺激からの保護やコントラスト感度の改善により、眼の調子を整えてくれます。
1日当たり6~20mg のルテインを摂取すると1~6か月程度でルテイン血中濃度が上昇し、継続することにより血中濃度は維持されると言われています。

ルテインは、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜、卵黄ななど数多くの食品に含まれているますが、体内への吸収がどのくらいあるのかにもよりますよね。
一般的にルテインのサプリに含まれているのはマリーゴールドからの抽出物になります。

ルテインとゼアキサンチンの配合は、ユタ大学の行った研究では1日10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンです。

試験結果によると、重度の加齢黄斑変性の進行リスクが26%だけ有意に減少することが確認されていますし、健常者においても、1日10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンを1年間摂取した場合、色コントラスト感度が有意に改善されたと報告があります。

実際に必要な量は食品からの摂取もありますので個人差がありますが、ゼアキサンチンはなかなか食物からの摂取は難しいと言われているため、サプリメントで補うのが理想でしょう。
過剰摂取してもよくありませんので、1日10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンを目安にするとよいでしょう。


「オリンピアンラボ社のルテイン」や「あいぜん」には、ルテインの働きを助けるゼアキサンチン・アスタキサンチンが配合され、摂取したルテインを効率よく瞳で活用します。
★「オリンピアンラボ社のルテイン」
1日1粒:ルテイン・ゼアキサンチン20mg配合
★「あいぜん」
1日2粒:ルテイン12mg、ゼアキサンチン2.4mg、ビルベリー170mg配合

▼ご購入はこちらから▼
ルテイン20mg[オリンピアンラボ社製]

あいぜん