ルテインとは、目の中の水晶体や黄斑部などにもともと存在している成分で、強力な抗酸化作用を持っています。
また、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分で、「天然のサングラス」とも呼ばれています。
黄斑変性症や白内障など加齢による目の病気に対する効果が期待されており、予防や症状改善に働きかけます。

ゼアキサンチンも目の網膜に含まれるカロテノイドの一種です。

ルテインとゼアキサンチンはどちらも濃い緑の野菜などに含まれるカロテノイド色素ですが、体内で合成することができないため、食事やサプリメントで補う必要があります。

一般的にサプリメントの原料として使用されるルテインとゼアキサンチンは、マリーゴールドの花から抽出されたものです。

ルテインとゼアキサンチンの効果

ルテインとゼアキサンチンはフリーラジカルの1つである一重項酸素を消去する働きがあります。
ルテインとゼアキサンチンは活性酸素が発生しやすい場所に存在し、活性酸素を消去することによって抗酸化力を発揮し、酸化ストレスから守ってくれているのです。
つまり、ブルーライトの吸収と抗酸化力の2つの効果で、視細胞を守っているというわけです。

ルテインとゼアキサンチンは体内で合成されないため、食事から摂取するわけですが、この2種類のカロテノイドを食事だけで十分に摂取することは極めて困難といえます。
したがって、サプリメントからの摂取が一番良い方法と言えるでしょう。

試験結果によると、1日10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンを摂取すると重度の加齢黄斑変性の進行リスクが26%だけ有意に減少することが確認されています。
また、健常者においても、1日10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンを1年間摂取した場合、色コントラスト感度が有意に改善されました。


「オリンピアンラボ社のルテイン」や「あいぜん」には、ルテインの働きを助けるゼアキサンチン・アスタキサンチンが配合され、摂取したルテインを効率よく瞳で活用します。
★「オリンピアンラボ社のルテイン」
1日1粒:ルテイン・ゼアキサンチン20mg配合
★「あいぜん」
1日2粒:ルテイン12mg、ゼアキサンチン2.4mg、ビルベリー170mg配合

▼ご購入はこちらから▼
ルテイン20mg[オリンピアンラボ社製]

あいぜん

ルテインサプリおすすめは?含有量で比較

老眼・白内障・疲れ目にルテインとゼアキサンチン

ルテイン・ゼアキサンチンは目の疲れやドライアイに

ルテインサプリの副作用

ルテインサプリの口コミ・評価